07 | 2017/08 | 09

最近の有楽伯 

有楽伯(うらはく)は、練習場所を求めて集まったグループ…というのは今は昔。

現在は、年に一度の演奏会を目標に、各自で曲を決め、時間と場所を確保して、それぞれ練習しています。

演奏会の準備過程では、メール・インターネットに大いに助けられています。

スポンサーサイト

有楽伯について 

有楽伯(うらはく)は、早稲田大学の邦楽サークル「虚竹会」「竹友会」「箏曲研究会」出身の数名が練習場所を求めて集まった、OB・OGのグループがはじまりです。
メンバーは20代から30代の社会人が中心で、2008年現在、正会員数は約20名です。
2006年に第一回定期演奏会を行い、以降、毎年春の時期に定期演奏会を行っています。