01 | 2018/02 | 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三味線あるある(34) 

車の点検で、お店の人にキーを預ける時に、名曲・楫枕をリピートでかけておいたわ。
喜んでいただけたかな?

三味線あるある(33) 

終演後、最初の週末がきた。
散らかり切った部屋を片付けた。
演奏会までのバタバタで部屋が散らかったと思いがちだが、
本当は、演奏会が終わってからの1週間で急速に部屋が散らかるのだ。
本番へ出掛けるときは、わりときれいにしてから出るのだ。

高円寺 

有楽伯メンバーが演奏会を開きましたので、聞きに行きました。
有楽伯も演奏会を開いたことのある、高円寺のstudio K です。

JR高円寺駅南口から

160206_133924.jpg

左手に、線路に沿って、環状7号線に突き当たり、見覚えのある給水塔まで、

160206_134506.jpg

以前は延々と歩いたような記憶があったのですが、思ったよりかなり近い。
すぐ着いてしまった。

古典を間近でたっぷり聞けました。
周りが見えなくなるのはもちろんダメだけど、やはり攻める時は攻めないとならんのだ、と思いました。
自分の演奏も本番までに考え直さねばと思いました。

シロツメクサ 

これは、もう咲いてるのか、まだ咲いてるのか。
この間は、菜の花が咲いているのを見て、暖冬だーと思っていたのですが、
こちらも雪が降りました。やっぱり冬でした。

160122_114307.jpg

あけましておめでとうございます。 

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

新しい年がスタートしました。
時間を大切に、
スタスタ前進したいと思います。

151229_133327_ed.jpg
続きを読む

三味線あるある(32) 

合奏練習のため、三味線を持って外出しました。
まだ寒すぎることもなく、気持ちよく歩けますね。

151206_094858.jpg

しかし、会場は、駅から徒歩7分とのこと。
ちょっと長く歩くので、三味線を持っている身としては、雨は心配です。

そんな時には、以前ご提案しました、この「三味線持ってる時に、降る前から長傘を持ち歩き帯(たい)」ですが、
150606_085759.jpg
まだ作っていません。

しかし、年の瀬もおしせまり、
(今年もまた考えてるだけで何もできなかった…)というのはどうか、と思いましたので
ハンカチ2枚で似たような状態を作って、とりあえず試してみました。

151206_231718.jpg

これで出掛けた結果、結構安定してて、持ち易かったです。
むしろ、「三味線持ってる時に、降る前から長傘を持ち歩き帯(たい)」、もう作らなくていいかも。これで。ハンカチで。

雨は降りませんでした。


チラシはできました。 

順次、みなさまにお届けさせていただきたく、思います。
 
  三
(*ノωノ)

まだチラシ作ってます 

ほんとに色が読めない!
デジタルめ!

今年は青です。
どんな青かは、納品を待つのみ~

チラシ作ってます 

チラシ作ってます。

絵→デジカメ→パソコン→家庭用プリンタの試し刷り→印刷屋さん

色が全部違って見えるので、毎年出たとこ勝負です。
ドキドキであります。

夏の思い出 

宇治巡ってきました。
新浮舟の空気も吸ってきました。

ちょうどダムが放流中だったそうで、宇治川の水量、流れの速さに圧倒されました。
これでは浮舟の行方もわかるまい。

お茶、仏教、源氏物語、地唄。
日本の文化が色々なところでつながっているから、色々勉強しないといけませんね。

DSCN2059.jpg

三味線あるある(31) 

これとか。

150606_085759.jpg

三味線あるある(30) 

そこで。
今年こそは「三味線を持っている時の長傘携帯方法」を開発したいと思うのです。

三味線あるある(29) 

三味線を持っている時に、長傘を持つと両手がふさがって大変。
もう降っている時に差すのは仕方がないけど。

「降りそうだな」と迷う時に、降らないほうに賭けたくなり、持たずに出かけて、結局降って、コンビニの傘を買ってしまう。

三味線あるある(28) 

三味線を持っている時に雨が降ったら、折りたたみ傘では頼りない。

三味線あるある(27) 

同期会で、最後に、健康のために運動する(やせる)ことを誓い合って、別れる。

三味線あるある(26) 

演奏会後、最初のお稽古で忘れ物をする。

オオイヌノフグリ 

オオイヌノフグリが咲いていました。

150228_122840.jpg

この花は、今年のチラシのモデルです。

150301_113351.jpg

演奏会は7日、まもなくです。
早春に、繊細な和楽器を、どうぞお楽しみください。


昼休み 

先日の合奏録音を聴きながら、散歩に出ました。

もう桜が咲いてた!
早い種類なんですね。
まだ桜を見る心の準備ができてなかったから不意打ち!
まぶしい~

150228_122611.jpg

梅も。

150228_123911.jpg

菜の花も。

150228_123746.jpg

まぶしい~

本番前最後の合奏に行ってきました。 

演奏会2週間前の土曜日は、本番前最後の合奏に行ってきました。

その日は、母校で特別講義に出席して、昔机を並べた友達と昼食をとり、それからお稽古に行って、合奏してきました。
かつての「講義→お稽古」の黄金パターンが、一瞬帰ってきたようで、ちょっとしびれました。

演奏会1週間前の土曜日は、休日出勤です。

いろいろ消化して、気持ちよく本番を迎えたいと思います。

223.jpg

母校の猫。お箏の前で構えているみたいな。

茶の本に再会 

1月の「100分de名著」は「茶の本」でした。

数年前に読んだはずなのですが、こんなこと書いてあったっけ…ということばかり。
ちゃんと専門家の先生が解説してくれたら、邦楽のヒントになるようなことも書いてあるのだなあ、と思いました。

「すき屋」は「好屋」「空家」「数奇屋」などと書きますが、それぞれ込められた意味合いが違うのだそうです。特に「好屋」という漢字を当てる時は、その茶人個人の好みの空間であるということ、後に残すようなものではない、という点に重点がおかれているそうです。

音楽の演奏に似てるかな、と思いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。